銀行のカードローン金利を比較する

銀行カードローンを利用する前に、金利比較をやっておきましょう。
金利は低いほどお得なので、よく比較してからローンを選んでください。
カードローンの借入先としては消費者金融と銀行が多いでしょうが、実質年率を比較すると後者のほうが数%も低くなっています。
実質年率は日割の金利なので、借りてから1日経過するごとに利息が加算されるのです。
銀行の実質年率は15.0%より低く設定されていることが多いので、借りるならノンバンクより銀行をおすすめします。

銀行カードローンの金利比較をする上では、大手・小規模・地元銀行に関係なく比較していきましょう。
大手は低金利というイメージがあるでしょうが、銀行に関しては規模はあまり関係ありません。
大手でも年率が高いところもあれば、地元銀行でも低いところもあります。
カードローンの乗り換えは簡単には行えないので、最初から低金利ローンに申し込みしたほうがよいのです。

銀行カードローン比較では最高利率に着目する必要があります。
例えば、実質年率4.5%~14.0%というカードローンがあった場合、4.5%で借入できる可能性はまずありません。
最初は最高利率の14.0%になる可能性が高いので、最高利率同士で金利比較をしていきましょう。
ローンの利息シミュレーションをするときも、最高利率の設定になると想定してからシミュレーションをすれば安心です。
事前に利息がわかっていれば、借入額や返済期間の調整もしやすくなります。
http://www.politicalweb.info/

アコムを徹底調査!アコムを申し込む前に知っておきたいこと © 2017 Frontier Theme