ブラックでも借りやすい消費者金融のウソ

ブラックとは、いわゆる各種の個人信用情報機関に債務整理などの事故情報が残っている状態の人のことで、通常は、一定期間記録が保存されますので、その間はカードローン金融業者を利用することは難しくなります。ところが、稀にDMや配られたティッシュ、電柱張り紙などでブラックでもOKと宣伝しているカードローン金融業者がいます。
これらのカードローン金融業者の宣伝には同じような傾向があり、ブラックでもOK、自己破産者にも貸します、審査なし、勤務先への電話無し、即日融資などと都合のよい文句が並んでいます。本当に、こんな業者がいるのだろうか思えるような宣伝内容なのですが、これは実際に存在するのです。もちろん、当局から許可を受けた正規業者ではこのような宣伝はできませんが、当局の許可なしにやっている業者であれば、何の問題もないということです。
これが、いわゆる闇のカードローン金融業者のことで、端からまともな商取引を行うことを考えていませんので、何でもありの違法宣伝ということです。闇金融は、官報や金融業者からのリストなどをもとにしてDMを送ります。正規業者と違うところは、ステータスの良い人ではなく、どこからもお金を借りることができない人をターゲットにしているということです。
闇金融業者の狙いは、たっぷりと利息をいただくなどという甘いものではなく、お金に困っている人を犯罪行為に加担させることにありますので、誰が考えてもおかしなDM、広告などは決して信用してはいけないということです。DMが来た場合には、狙われているという自覚を持たなければなりません。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら

アコムを徹底調査!アコムを申し込む前に知っておきたいこと © 2017 Frontier Theme